トップ  >> 「不動産知恵袋」  >> 「不動産購入までの流れ」

豆知識 その1
---不動産購入までの流れ---
1⇒ 希望条件を整理する
ご希望の条件に優先順位をつけてみましょう。
その希望の70%位をクリアしている物件を候補にあげてみましょう。
2⇒ 資金計画を立てる
まずは、予算を立てましょう。
頭金はいくら用意できるか、ローンはどのくらい借りられるかを把握しましょう。
購入価格以外にも、税金・諸経費がかかります。 「不動産知恵袋」のページで詳細を確認してみましょう。
3⇒ 現地見学
気になった物件は、資料や図面だけで判断せず、現地を確かめてみましょう。
周辺環境・生活利便・交通の便などをチェックしましょう。
4⇒ 購入物件の検討
気にいった物件を、もう一度希望条件とあってるか確認し、ローンの条件・支払いの段取りなどを確認しましょう。
5⇒ 購入申込み
検討の結果、購入物件が決まりましたら、契約のご希望条件(価格・引渡しの時期等)を明確にして
「不動産購入申込書」にてお申込み頂きます。
6⇒ ローンの事前相談
事前相談には、源泉徴収表・運転免許証のコピー・保険証のコピー・課税証明書などが必要になります。
7⇒ 売買契約
売買契約の前に、重要事項の説明を宅地建物取引主任者から受けます。その後契約を締結します。
8⇒ 住宅ローンのお申込み
必要書類・部数などは各金融機関によって異なります。
9⇒ 融資承認
お申込みから、1〜3週間で融資を受けられるかどうかの結果が出ます。
内定した場合、金融機関との間で金銭消費貸借契約を結びます。
10⇒ 引越し及び残金決済
融資の実行を行い、売主に売買代金の残金を支払います。
所有権の移転登記手続き、物件の引渡しを行います。
出来上がった登記済書(権利書)は銀行に受取に行くか、書留で郵送してもらいます。
11⇒ 入居
いよいよ、新居での新しい生活が始まります。